消し込み作業が楽になる【オンプレとクラウドの選び方】

オンプレ版・クラウド版で消し込み作業ができる【專門機能が便利】

導入形態の比較

クラウド

毎月課金をしながら使うタイプのクラウド版は、インターネット環境が整っていれば直ぐに使うことができます。ESを使うか、スタンダードを使うかでデータ量の制限が異なるため利用量に応じて選ぶことができるでしょう。

オンプレ

指定サーバーへのセットアップが必要になるため、セットアップが完了するまでは使うことができません。しかし、永久ライセンスでもサブスクリプションでもデータ量に制限が無いため、沢山のデータを管理する企業にも最適です。

消し込み作業を自動化する理由ランキング

no.1

人権費を抑えることができる

大きな企業となると、複数の拠点で消し込み作業をしているというケースは少なくありません。しかし、複数の拠点で同じ作業をしていると、人権費がかかってしまうため無駄なコストになってしまう可能性もあります。消し込み作業を自動化することで、無駄になり得る人権費を減らすことが可能なため、少しでもコスト削減したいという企業が多いため1位に選ばれています。

no.2

管理コストの削減

人権費を減らすことも大切ですが、管理コストを減らすことも大切なことです。幾つもの銀行を利用していると管理するのに費用がかかってしまうため、人権費も管理コストも抑えたいという企業からも人気です。以外にも、この二つが企業の大きな出費になっているということが多いということもあり、2位という結果になっています。

no.3

納期短縮

人力で入金の確認をし、消し込み作業をするのは手間がかかるため時間がかかってしまいます。そのため、毎月月末になると残業する社員が増えるという結果になるのです。しかし、消し込み作業を自動化すれば納期を短縮することができるため月末の残業を減らしたい・社員の負担を減らしたいという企業が利用しています。3位に選ばれているのは、それだけ消し込み作業にかかる負担が大きいからでしょう。

no.4

催促業務の向上

消し込み作業人力で行なうと、処理しきれない情報が溜まってしまうため情報の把握や確認が遅くなってしまいます。そのため、取り引き先に催促をするのが遅くなってしまう・・・という結果になります。催促が遅くなってしまうと、その月に見込んでいた売り上げを達成することができない場合もあるため、催促業務を向上させたいという企業が消し込み作業の自動化を行なっています。

no.5

管理体制の強化

入金や滞納金・滞留情報を随時確認し、管理体勢を強化したいという企業は少なくありません。五位に選ばれている管理体勢を強化することで、非効率になっていた業務を効率化し負担となっていた業務を減らすことができます。このように、些細なことでも少しづつ変え、負担を減らすことで将来的に会社にメリットをもたらすと考えている人が利用しています。

消し込み作業が楽になる【オンプレとクラウドの選び方】

男性と女性

便利な機能

消し込み作業を自動化するなら、消し込み作業に特化している機能を利用してみましょう。便利な機能と言われているのが・高精度な入金自動消し込み・債権残高の確認・回収促進などです。
高精度な入金消し込み作業があれば、自動的に学習してくれるため作業効率を大幅に上げることができます。特化した機能があれば、人力で行なうよりもメリットが多いと言われているため、作業効率を上げたい企業は調べてみましょう。

人力よりも自動化へ

なぜ、消し込み作業を人力ではなく自動化した方がいいのか?と疑問に思う人もいるでしょう。人力の場合、担当社員を育成するのにも時間がかかりますし、人間なので確認ミスも発生します。また、量が多すぎてしまうと確認作業に手間と時間がかかってしまい、思うように業務を効率化することができなくなってしまいます。しかし、消し込み作業を自動化にすれば人材育成の手間もかからず、ミスを防ぐことができます。残業などを減らすこともできるため、結果的に社員の負担を減らすことも可能なのです。